茂尻炭鉱

沿革

大正 7年  大倉鉱業によって開鉱
昭和 6年  茂尻炭鉱として独立
昭和10年  95人の犠牲者を出すガス爆発事故発生
        同年、経営の悪化から雄別炭鉱鉄道に買収
昭和43年  年産50万トン達成
昭和44年4月2日 ガス爆発事故発生(46名死傷)
           事故現場は、同年3月31日から採炭開始したばかりだった。
           故に、保安上、これ以上の採炭は問題ありとされた。
同年5月30日閉山

赤平市最初の大型炭鉱でしたが、その遺構は、殆ど残っていません。

画像
かつての事務所前に建立された碑。

画像
ホッパー跡ですが、コンクリート製の擁壁が、残っているだけです。

画像
選炭場跡は、整備され、工業団地や、グラウンドになっています。

画像
露天掘り跡です。

画像
櫓を撤去された立坑付近の遺構は、民間企業の工場等に、転用されています。




  
         

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

宇垣おぴょぴょ
2010年06月28日 23:53
爆発事故が返す返すも残念ですね。せっかくの大規模施設だったのに・・・。
ここの事故が後の雄別解散につながったのではと考えています。

「茂尻炭鉱××年史(詳しい数字は失念)」という本を読んだことがあるのですが、冒頭に立坑の写真とともに「躍進する茂尻炭鉱」と記されていたのが何とも物悲しかったのを覚えています。
照彦
2010年06月29日 18:17
そうですね、あの事故さえ無ければ、もう少し存続していた事と思います。
また、雄別も、同様に存続していたかも知れないですね。

「茂尻炭鉱五十年史」でしょうか・・。
古書検索で、見つけてはいるのですが、17,000円~28,000円という価格で、中々手が出せません(雄別も同様)。
赤平の記念館か図書館で、閲覧出来ますかねェ・・。
どらごん
2011年07月12日 22:22
こんばんは 初めまして・・・

私は、40年以上前に茂尻に住んでおりました。
この爆発事故で同級生の父が亡くなった事を今でも覚えております。
幼いころから炭鉱町で育ち懐かしい想い出がたくさんありますが、この事故をきっかけに友人達が全国へ転校して行ったのを覚えております。

まさに炭鉱街は、昭和の良き時代の象徴ですね。。。
照彦
2011年07月12日 23:29
どらごん様

はじめまして!書き込みありがとうございます。
茂尻にお住まいだったのですか。
自分も、炭鉱町で育ったので、同様の経験があります。
事故、閉山、別れ別れになった友達。
無くなってゆく母校。
失われていく街・・。

故郷を訪れると、口ずさむ歌があります。

「緑萌えたつ 夏
 黒い水流る 川よ
 木々を渡る風に とびまわる子らよ
 ああ ヤマに生き
 よろこびもかなしみも
 山並みつづく 夕張のまち

子供時代の、ヤマがあった、あの時を思い出します。

Coal
2011年12月27日 21:03
はじめまして、どらごん殿

実は私も40年以上前に、茂尻に住んでおりました。
勿論、父親は、あの爆発事故が起こるまでは、炭鉱夫として働いておりました。
事故当時、父親は幸いにも怪我もなく無事でしたが、仲間の死にかなりショックを受けたようでした。
昭和44年の閉山により当時小学校3年生の私は、家族と一緒に親戚を頼りに千葉へ引越しすることになりました。
しかし、歳を追うごとに子供の頃生まれ育った北海道の頃の夢を幾度と見るようになり、とうとう2年前、入社30年のご褒美で、少しの休暇と少しのお祝い金を頂き、生まれ故郷に帰ってきました。
2012年04月21日 01:49
昭和30年の事故で父を亡くしました。私が一歳の時でした。その後尺別に越して45年閉山になり千葉に来ました。もう少しで定年になるので北海道を巡りたいです。
照彦
2012年04月24日 23:04
書き込み返信、遅れて申し訳ありません。
閲覧・書き込み、ありがとうございます。

かつて、茂尻にお住まいの方々に見て戴いて、恐縮です。

茂尻には、まだ、坑口等の遺構が、残っているそうです。
GWあたりに、父の友人(茂尻出身)の案内で、同地を再訪しようと考えています。
その際には、もっと、茂尻の近況写真等もUP出来ればと思っております。


みみ
2015年06月13日 22:23
私も以前住んでました茂尻の炭鉱爆発で父が亡くなりましたすごく悲しかったです一番かわいがってくれた父でした今も思い出します
兄は公務員なんまだいますが私は札幌に居ます昔はすごく活気があります田大きな市でしたヨ
みみ
2015年06月14日 11:58
私も以前住んでました茂尻の炭鉱爆発で父が亡くなりましたすごく悲しかったです一番かわいがってくれた父でした今も思い出します
兄は公務員なので今もいますが私は札幌に居ます昔はすごく活気があります大きな市でしたヨ
照彦
2015年06月14日 23:58
みみさん

書き込みありがとうございます。
茂尻にお住まいだったのですね。
お父様が、事故で亡くなられたとの事、お悔やみ申し上げます。
炭鉱事故は、思い出す度、悲痛な思いに捉われます。
慰霊碑にお参りする度、当時の事を思い出し涙することもしばしばです。

先日、父の同僚で茂尻炭鉱で勤務していた方(茂尻→南大夕張勤務)が、肺癌(塵肺合併症)で亡くなりました。
かつての賑わいはありませんが、もう一度、茂尻にお連れしたかったです。
エル
2015年07月10日 15:32
茂尻を検索していてみつけました。茂尻を離れて50数年。
今は千葉のQVCマリンフィールドの近くにすんでいるので
応援(ロッテ戦)の太鼓を聞くたびに山神祭やお盆の太鼓の
を思い出します。赤平市の人口は12000人とのことで、その
衰退に驚くばかりです。ふるさと納税なで応援したいと思い
ます。

この記事へのトラックバック