謹賀新年

あけましておめでとうございます。 今年こそ更新頻度を上げて行ける様、努力いたします(反省)。 本年も、何卒よろしくお願い致します。
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ゴールデンルーズ

超久々の更新です。 サボり過ぎも、いいとこです・・ 11月に、夕張探索へ行った際、UHB(北海道文化放送)の「笑道」のロケに遭遇。 ゴールデンルーズ(札幌吉本)のお二人を夕張炭鉱坑口群へ、案内しました。 夕張一鉱北上坑口群 坑口前でゴールデンルーズ有馬さんを撮影 何枚か、ポーズをとってくれました。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

賀正2013

あけましておめでとうございます。 また、今年もまったり更新とは思いますが、宜しくお願いします。 皆様の、ご多幸とご健勝をお祈り致します。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

奔別アートプロジェクト

NPO炭鉱の記憶推進事業団主催による「奔別アートプロジェクト」が、9月22日~10月28日土日祭のみ13日間開催されています。 自分は、9月23日訪問のオープニングセレモニーに合わせて訪問しました。 センターハウスから、立坑。 立坑敷地内(住石管理地)は、立ち入り禁止です。 センターハウス前にあった、立坑模型。 メ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

夏の三笠2012

先日、訪問した際の写真です。 天気は良かったのですが、その分気温も上がりました。 今年の北海道は、暑いです。 旧幾春別駅付近から見た、奔別立坑。 青空に聳える姿は、健在です。 ちょっとアングルを変えて・・。 ホッパーも冬を越えて、健在です。 引き込み線方向から。 旧寒住プレハブの建物は解体され、広…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

初夏の夕張

先日夕張へ行った時の画像です。 天気は良かったのですが、その分、結構暑かったです。 歴史村の立坑櫓は、昨年の改修で、新鉱の立坑櫓に更に似た感じになりました。 天龍坑坑口付近からの景観。 場所変わって、夕張岳登山道入り口にある白金橋。 大分錆が、浮き出ていますが、中々良い感じです。 シュ―パロ湖の水の色も中…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

夕張まんがまつり 2012

今年も、見に行きました。 昨年は偶然でしたが、今回は、娘とその友人を連れて、調べて行きました。 今回も痛車メインに行きました。 まつ毛付き!! 娘のお気に入り。 初音ミクは、最近、娘の影響で、自分でもハマってます。 隣にもミク。 今回は、痛車の他、同人誌即売会も見て来まし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

SLみなと室蘭140周年号

去る5月19・20の両日、室蘭港開港140周年記念企画として、登別~室蘭間で、SLが運行されました。 自分は、19日に室蘭駅へ行きました。 室蘭駅前です。 入場券を買い、ホームへ。 ホームへの通路。 通路には、往時の写真が、展示されていました。 ホームにあった看板。 ホーム先端には、先客がそれなりに…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

小野炭鉱2

先日、小野炭鉱を再訪してみました。 これは、前回見つけた煉瓦製の遺構。 この奥に、何かありそうなので、進んでみました。 崖際に、コンクリート製の基礎がありました。 ちょっと降りて、全体像。 この辺りには、これ位しか発見出来ませんでした。 別な方向を探ってみます。 石炭が、ゴロゴロしています。 元々、露…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

賀正

本年も、宜しくお願いいたします。 ここのところ、かなり更新滞りがちですが、今年も、こんなペースかもしれません。 懲りずに、覗きにきていただければ、幸いです。 皆様の、健康とご多幸をお祈り申し上げます。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

北炭夕張新炭鉱~あれから30年

今日で、あの事故から丁度30年になります。 慰霊碑をお参りし、行ける範囲で、遺構を辿ってみました。 大分色褪せ、文字も消えかかりつつあります。 ここに立つと、言葉が出ません。 鉱員駐車場が、あった場所です。 この道を通って通勤していた炭鉱マンの姿は、もうありません。 あの日、救急車の音が響き渡った、総合事…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

住友奔別近況

先日、ホッパー及び事務所の解体話が出ている奔別を再訪してみました。 駐車した場所には、案内板が設置されていました。 偉容は健在です。 事務所と立坑。 事務所付近から、ホッパーが、見えます。 既に、一部の施設(主に、コンクリート製造プラント)は解体され、事務所前には、重機と瓦礫。 ホッパーの全景が、確認…
トラックバック:0
コメント:9

続きを読むread more

赤平~TANtanまつり2011

10月8・9の両日、赤平で「TANtanまつり2011」が、開催されました。 住友赤平立坑。 今回は、ライトアップされました。 石炭ストーブと立坑。 自分が通学していた小学校で、使用されていたストーブと同型でした。 懐かしいです。 立坑アップ。 立坑見学。 何回見ても圧巻です。 スタッフの方から…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

清水沢アートプロジェクト

9月17日~10月16日の間、土日祝日で、清水沢アートプロジェクトが、開催されています。 入口ゲートにかかる、清水沢発電所の説明。 発電所に向かう道路のアート。 敷地内は、東亜建材興業(株)さんの、プラントです。 この日は、時折雨の降るあいにくの天気でした。 旧清水沢発電所の巨大な遺構。 往時の1/4程度しか…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

汽車フェスタ2011・・・大夕張鉄道

当日は、雨が降ったり止んだりでしたが、到着した時には、良い天気でした。 終了30分程前でしたが、そこそこの人出でした。 ラッセル車内部も見る事が出来ました。 照明操作盤 運転台から前方を見たところ。 運転台から後方を撮影。 一段降りて、運転台を撮影。 保線車。 この日は、動かせたりしていました…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

新幌内炭鉱変電所

今年5月に訪問した際の画像です。 この時期だと、足元もはっきりしています。 崩れたコンクリート等も、散乱しています。 いかにも変電所っぽい物も、落ちています。 受電設備の跡でしょうか・・。 入口には、屋根の跡があります。 入口から、真っ直ぐの位置にも出入り口が、あります。 内部は、それなりに崩壊…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

夕張まんがまつり

先日、夕張へ行った際、レースイスキー場の前が賑わっていました。 気になって見てみると、「夕張まんがまつり」というイベントが、行われていました。 「けいおん」です。 以前、遠幌炭鉱の記事で、このキャラクターを描きました。 これは、うちの娘が好きなキャラクターです。 「東方」が、多いです。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

開北炭鉱

歌神地区にあった炭鉱です。 「古老が語る歌志内」の文献から推測される位置にあった遺構なので、「開北炭鉱」遺構と判断しました。 沿革  明治41年  開北炭鉱開坑            中村操田郎(中村炭礦)山懸勇三郎両氏の共同経営  大正元年  横山炭礦となる  大正 7年  合資会社 開北炭礦となる  大正 …
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

小野炭鉱(蜂の巣沢炭鉱)

沿革 昭和21年12月  北炭平和礦蜂の巣沢坑開坑                蜂の巣沢露頭の採炭を目的とする 昭和27年12月  小野炭鉱へ粗鉱権設定 昭和29年5月   ガス爆発事故で5名死亡 昭和38年     閉山 蜂の巣沢付近に存在した、個人経営の炭鉱です。 ズリ山とシューター・・でしょうか・・…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

油谷芦別炭鉱

芦別五山の一つです。 戦後、石炭需要増加に対応する形で、油谷鉱業により開坑されました。 沿革 大正6年~昭和2年迄、久原鉱業(株)が、同鉱区採掘 昭和18年  油谷鉱業の所有となる 昭和22年  開坑 昭和24年  専用鉄道開通 昭和33年12月  経営悪化の為、整理会社として、東京地裁の管轄下におかれる。 昭和…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more